東京から往復新幹線を利用して、津和野町を格安に観光しよう!

1

東京から新幹線と在来線特急を乗り継いで、津和野町を観光しましょう。車窓を眺めたり、一緒の友だちと語らいながら、約6時間の列車の旅を楽しみましょう。津和野には古い町並みが残っていますので、散策にはもってこいですよ。
往復のチケットと温泉旅館がセットになった格安プランで節約したお金で、お土産も買えますね。
JRセットプランはこちら

東京から往復新幹線を利用して、津和野町を格安に観光しよう!

東京から新幹線利用で島根県津和野町を観光しましょう。往復のチケットと温泉旅館がセットになって、4万円台の格安プランがありますよ。東京から6時間程度で行くことができます。
津和野町は、「小京都」の代表的な城下町で、SLやまぐち号の終着駅でもあります。

東京から津和野町に行くには?

東京から津和野町に行くには、新幹線で新山口駅まで行きます。そこから山口線の特急列車を利用して6時間余りです。新幹線と在来線の特急列車の乗り継ぎができない時は、普通列車を使うことになり、約7時間かかります。駅弁を食べたり、車窓の風景を楽しんだりしながら、津和野町までの旅を楽しんでください。
津和野町では温泉のある旅館に泊まりましょう。JRの往復チケットと温泉旅館がセットになった格安プランが利用できますよ。

「小京都」津和野の町並みを散策しよう!

小京都といわれる津和野町で、城下町の面影をよく残しているのが殿町通りです。古い町家が続く通りには、色とりどりの鯉が泳ぐ掘割があり、散策にはもってこいですね。藩校養老館などもありますよ。
東京から往復新幹線と在来線特急を利用して、津和野町で江戸情緒に触れましょう。格安プランで節約したお金で、津和野のお土産をご家族に買えますよ。

森鷗外や西周の旧宅を見学しよう!

津和野出身の有名人に森鷗外と西周がいます。「舞姫」などの作品を残した明治の文豪、森鷗外が11歳まで過ごした旧宅と資料館がありますよ。その向かい側には福沢諭吉らとともに明六社を起こし、西洋哲学を日本に紹介した西周の旧宅もありますので、見学しましょう。
SLやまぐち号が運行していましたら、乗車もできますし、走る姿も眺められますよ。
東京から往復新幹線利用の格安プランで、津和野町を観光しましょう。JRセットプランはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る